北海道高気圧酸素環境医学研究会に参加しました。

2018年6月17日(日)に北海道札幌市にある社会医療法人孝仁会・大野記念病院にて「北海道高気圧酸素環境医学研究会」に参加しました。
講師には社会医療法人孝仁会・大野記念病院副院長兼、札幌高機能放射線治療センター長、岸和士先生。「高気圧酸素環境はどのように癌化や癌の転移増殖を制御するのか」。京都大学大学院人間・環境学研究科、認知・行動科学講座細胞生物学・生命科学研究室、石原昭彦教授。「高気圧酸素の最新研究の発表」〜高血圧・自律神経・不妊治療・パーキンソン病・糖尿病・歯周病〜。講師の先生方のお話に参加者は熱心にメモをとっていました。講演会の後、参加者たちから日頃疑問に感じていることや、高気圧酸素医療に関することなどの質問が多数あり講師の先生方を交えて、有意義な勉強、交流の場になりました。
写真、右から京都大学大学院・石原教授、大野記念病院・岸副院長先生、のもとデンタルクリニック・野本院長、日本気圧バルク工業(株)天野代表。
当サイトに掲載の画像および文書の無断転載は禁止です。