catch-img

高気圧酸素飼育の金魚。

高気圧酸素で育てた金魚は、通常環境の金魚に比べ、約1.5倍大きく成長しています。

みなさんは、ペットを飼ってますか?
日本気圧バルク工業株式会社のショールームでは、「金魚」を飼っています。Aが通常環境で育てた金魚。Bが高気圧酸素環境で育てた金魚です。明らかに、大きさが違います。動きも高気圧酸素環境の金魚のほうが活発になっています。今日見ていたら、どちらの金魚も追尾行動を行っていたので、産卵するかもしれません。子供ができたらどうなるのか楽しみです。

A:通常飼育

B:高気圧酸素飼育

ヘンリーの法則により、高気圧酸素環境にある水槽の水には酸素の溶け込む量が多くなります。

酸素が、金魚の成長や行動に影響している感じですね。酸素ルーム内の金魚は、動きも機敏でエサもいっぱい食べる食べる 冬の寒い時期でも元気に泳ぎ回っていました。カウンター横の水槽の金魚は石の陰でじっとしていることが多いです。酸素の力ってすごいですね。これからの定期的に金魚の様子をお伝えしたいと思います。

当サイトに掲載の画像および文書の無断転載は禁止です。